シャキッと目元美人!今一度見直しを、パッと見の印象を変えるプチ整形でクマを治す

医師

ほうれい線を消す手術

顔

リフトアップの美容整形

ほうれい線は頬のたるみが原因でできます。頬のたるみが起こるのは、老化で真皮のコラーゲンが減少することが主な原因です。また、表情筋が老化で痩せ細ってくることでも頬のたるみができます。ほうれい線を解消するには、頬のたるみをリフトアップする手術が有効です。たるみのリフトアップ手術には、フェイスリフトやサーマクール、ゴールデンリフト、アプトス、ワプトスなどがあります。フェイスリフトは耳の前のふちにそって切開し、たるんだ皮膚を切除します。サーマクールは高周波でコラーゲンを増やし、肌を若返らせる治療です。ゴールデンリフトやアプトスやワプトスは、頬の中に特殊な返しがついた糸を埋め込んで、たるんだ皮膚を引き締める手術です。

メリットとデメリット

たるみをリフトアップする若返り系の美容整形には、手術ごとにメリットとデメリットがあります。メリットだけではなくデメリットもよく理解してから手術に臨むことが大切です。フェイスリフトは最も確実に頬のたるみをリフトアップできます。しかし、全身麻酔で60分〜90分の大掛かりな外科手術なので、体力を使います。傷跡が残るのもリスクとしてあります。サーマクールは傷跡が残らず、ほとんど誰にもばれないでリフトアップできます。ただし、フェイスリフトのように劇的な若返り効果はあまりなく、1年ほどで元に戻ってしまうのがデメリットです。糸をつかって行う若返り手術も簡単にできるので人気ですが、若返り効果はフェイスリフトに劣ります。